中学入試出版





<大阪>星光 四天王寺 <京都>同志社 洛星 洛南 <奈良>西大和 東大寺 
<兵庫>灘中 関西院 甲陽 六甲 神戸女子

学校法人 真言宗京都学園
洛南高校付属中学校
〒601-8478 京都市南区壬生通八条下ル東寺町559 TEL075(672)2661
 洛南高校付属中学は、828年空海によって創立された日本最初の私立学校「総芸種智院」が始まりで、昭和37年、弘法大師の建学精神に基づいて洛南高等学校として発足、さらに昭和60年に附属中学を開校した。
 校訓である「自己の尊重」「真理の探究」「社会の貢献」を基に、「感受性豊かな心」「豊かな知性」「たくましい体」を育てることを実践項目として掲げ、思いやりと深みのある真の人間教育を行なっている。


受験デ−タ−1:応募者数・実質倍率 (A日程)
募集人員 応募者数 受験者数 合格者数 実質倍率
27年度 200人 912人  847人 321人 2.64倍
28年度 200人 857人  787人 315人 2.50倍
29年度 200人 871人  783人 312人 2.51倍

受験デ−タ−2:配点・試験時間
国語 算数 理科 社会
配 点 150点 150点 100点 50点
試験時間 60分 70分 45分 45分
* 3科型−400点満点(理100点) 4科型−400点満点(理社各50点)
 
受験デ−タ−3:受験者平均点・合格最低点
国 語 算 数 社 会 理 科 総合点 合格最低点 合格最高点
27年度 3教科 106.8点 115.0点 77.1点 298.9点 男:251
女:281
-
4教科 110.2点 101.0点 75.8点 69.7点 284.5点
28年度 3教科 85.6点 94.9点 71.1点 251.5点 男:212
女:246
-
4教科 88.5点 92.0点 72.0点 68.6点 251.2点
29年度 3教科 84.4点 102.0点 67.7点 253.0点 男:211
女:244
-
4教科 86.2点 90.2点 66.8点 73.8点 246.9点
*  算国 各150点、理社 各100点

洛南高校付属中学校 出題傾向

算数:傾向と対策
 洛南中学算数の出題傾向は、文章題分野が全体の32%の割合で、図形分野が28%で続く。次に割合分野が19%と他校と比べると比較的多い。計算分野は12%で、大問1の小問2題が出題される。その他、整数分野が8%で、関数分野ほとんど出題されない。特徴としては割合分野の出題が多いことが特徴です。
 文章題分野では「場合の数」「旅人算」、図形分野では「容積」「比を使った図形問題」、割合分野では「速さと比」、計算分野では「計算の工夫」計算、整数分野では「数列」の問題が中心に出題されます。
 出題傾向に特徴が顕著なので、出題傾向に合わせた対策を立てることが大切です。難しい問題に時間をかけず、着実に標準問題を解くことが合否の分かれ目となります。
 なお、詳しくは当出版発行の「単元別中学入試問題集(過去11年)」の問題分析を参照にして下さい。

国語:傾向と対策
 問題量が多いので、時間内に効率よく問題を解く必要がある。また、記述させる設問が多いことが特徴である。常日頃から記述に慣れるようにしておくことが対策となる。漢字の書き取り、熟語を作る等の問題もコンスタントに出題されるので、確実に書けるようにしておこう。
 選択問題では同じような内容が並べられ迷ってしまうので、読解力が試される。そのため、日頃から長文をポイントを押さえて速読することを勧める。
 語句の問題では、熟語の成り立ち、慣用句、四字熟語など、広い範囲から出題されている。これらの問題もチェックしておこう。

理科:傾向と対策
 洛南中理科の出題傾向は、生物分野が37%、物理分野が24%、化学分野と地学分野はほぼ同じぐらいで約20%である。生物分野の出題割合が多いことが特徴である。
 単元別に見ていくと、生物分野では「魚の育ち方」「昆虫」の出題が多く、物理分野では「てこ・バネ」、化学分野では「水溶液」、地学分野では「地層」「月と太陽」の出題率が多い。物理分野や地学分野は出題単元が特徴的なので、出題傾向に合わせた学習計画が功を奏するのではないか。
 物理分野を中心に比較的難しい問題が出題される。特に「てこ・バネ」「天体の問題」の問題などは十分過去問をこなして対策を立てよう。
 なお、詳しくは当会発行の「単元別中学入試問題集(過去11年)」の問題分析を参照されたい。

社会:傾向と対策
 問題の半分弱は歴史分野で占めている。政治や外交、文化などの問題が多く毎年出題されている。 長い問題文も多く、注意すべきである。細部にわたっての設問もあるので、細かい知識も要求される。
 地理分野では、日本の農業や工業についての問題が多い。また、いくつかの県の人口・産業・工業別出荷額等から県を区別させる等の問題が出題される。このような問題は各県の特色を理解することが必要で、常日頃から整理して覚えておくことが必要だ。
 公民分野の問題では、憲法・三権分立・国連などの問題はよく出題される。その中には時事問題も含まれており、注意しよう。



BACK HOME


中学入試出版 総合受付 月〜土15:00〜22:00 Tel:0568-84-9949 FAX:0568-84-9950