中学入試出版





<愛知>愛工大 愛知 淑徳 金城 椙山 聖霊  東海 名古屋 南山女 南山男 春日丘  
<三重>鈴鹿 高田 三重

学校法人 名古屋電気学園
愛知工業大学附属中学校
 〒464-8540  名古屋市千種区若水三丁目2番12号 TEL(052)712-0201
1912年に創設された名古屋電気学園の一員として,50年を越える伝統を誇っている。思いやり,社会への奉仕の心を持った,創造力豊かなリーダーを育てる「21世紀の全人教育」を進めている。人間形成に大きな意味を持つ中学校では,明るく自由な校風の中,中高一貫体制を導入し,学習にゆとりを持たせている。
また,全教室に大型プラズマディスプレー,無線アクセスポイントを設置し,コンピューターを活用したIT(情報技術)教育を積極的に取り入れた教育を行っている。


入試デ−タ−1(受験倍率)
募集人員 応募者数 受験者数 合格者数 実質倍率
27年度 105人 737人 718人 463人 1.55倍
28年度 105人 632人 621人 448人 1.39倍
29年度 105人 760人 741人 532人 1.39倍
奨学生入試+第1回入試+第2回入試の合計です。
※23年度 奨学入試+第1回入試の合計です。第2回は非公表

受験デ−タ−2(配点 試験時間)
国 語 算 数 理 科 社 会
配点 100点 100点 100点 100点
試験時間 50分 50分 50分 50分

受験デ−タ−3(受験者平均点)
国 語 算 数 理 科 社 会 4科総合 合格最高点 合格最低点
27年度 49点 61点 52点 46点 215点 357点 189点
28年度 48.9点 51.5点 50.0点 50.8点 211点 338点 182点
29年度 49.4点 62.8点 24.8点 19.6点 163.2点 261点 138.9点
第1回入試のデ−タ−です。29年度より第1回試験は300点満点

単元別中学入試問題集をおすすめいたします
 年度別コピ−問題を本番さながらに行った後、間違った問題の復習が当然
必要になってきますが、同じ問題を解いても答を暗記したりして本当に解き
 方がわかっているのか疑問に思うことがあると思います。このようなとき当出版
 から出されている「単元別中学入試問題集」を併用してはいかがでしょ
 うか。分野別・単元別に編集してありますので、年度別(コピ−版)で間違
 った問題の類似問題をもう一度別の問題で確認・復習することができます。
  特に第一志望の中学は15年間分を単元別編集した「単元別中学入試問題集」
 (単独校)が必須です。  また、分野別問題集はいろいろな中学の問題が含
まれているので、練習問題には最適です。


愛工大附属中出題傾向

算数:傾向と対策
 出題形式はが計算問題4題、が文章題6題、が図形問題4題、
ここまでが基礎問題で、が6題−標準問題である。
 文章題では、「割合の3用法」「最小公倍数」「食塩水」「場合の数」などの出題が多い。図形問題では、「角度」「多角形の面積」「立体の表面積」などが中心に出題される。
  最後の6題は「規則性」の問題や「ニュ−トン算」などの応用問題が出題される場合があるので、余り時間を取られないようにしたい。標準問題ができなくても、基礎問題が十分できていれば合格点は十分可能である。
 対策としては、は計算問題4題であるので、確実に解ける計算力を付ける必要がある。また、傾向が似通った問題が多いので、過去問をくり返し学習したい。

国語:傾向と対策
  形式的には、毎年長文二題、漢字語句問題という出題傾向は、数年間変わっていません。今後も同様な出題傾向が続くことでしょう。近年、他中学の傾向にならい、文章の字数が多くなってきています。長い文字数の記述はほとんどぬき出しが多く、自由記述は出題されていません。
 内容的には、説明文と物語文(随筆文)は必ず出題されます。設問的には文中よりのぬき出しが多いため、文を正確に読みこなせるスピードをつける必要があります。漢字やことわざ・慣用句なども出題されますから漢字語句問題もしっかりと解いておきましょう。配点的には読解問題7割、知識問題3割の比率です。合格点数が6割ですから、漢字語句を確実に得点できるようにしておくことが合格へのポイントとなります。時間が50分ですので、時間配分をうまくできるように過去問題をこなして出題傾向を知っておくことが必要です。漢字語句対策には、分野別「漢字語句問題集」をこなしておくことをおすすめします。

理科:傾向と対策
 理科の出題形式は大問が5〜9あり、1問は総合問題形式で出題される。その他は物理・化学・生物・地学に分かれて出題される。物理分野が比較的多く、他分野は均等に出題される傾向にある。
 物理分野の傾向は「てこ」「電流・電磁石」が比較的多いが、「圧力」や「光」、「バイメタル」など他校では珍しい出題も多い。化学分野では出題に特色はなく、各単元がランダムに出題されている。生物分野では「植物の成長」「動物」が中心であるが、受験学習以外(未学習)の題材から文章にそって考えさせる問題も出題される。地学分野では、「太陽と月」「天気・気温」「地層」が中心に出題されている。 個々の問題の難易度の差が激しく、点数の差がつきにくい傾向にある。難問、奇問は誰でも解けないので、基本問題を確実に得点することである。特に総合問題は基本問題で構成されているので、確実に解けるようにしたい。 

社会:傾向と対策
 社会では、地理2題、歴史2題、政治2題が一番多い出題パターンといえます。地理では地図や図表を使った問題が多く、地形図の読図も多く出題されています。歴史は通史問題やテーマ史問題などが多く、人名や用語を問う問題が多く出題されています。政治分野では、憲法や国会・内閣などの政治分野、および時事問題が毎年出題されます。
形式的には、記号選択問題の割合が高いものの、地理・歴史用語や人名を漢字で記述させる問題、さらに地理・歴史・政治のいずれかで20字以内の記述も出題されます。また時事的な内容も必ず出題されますから、対策が必要です。社会の配点が100点であることから、社会で高得点をあげることは合否へのポイントともなります。過去問を中心に解くことと、基本事項をしっかりと暗記することが高得点への道です。
基本事項の習得には当出版の「社会・理科暗記シート」、時事問題対策には「時事問題集」を活用されれば社会の対策は万全でしょう。




BACK HOME


中学入試出版 総合受付 月〜土15:00〜22:00 Tel:0568-84-9949 FAX:0568-84-9950